就職して3ヶ月

夜勤に順調なら入るべき時期ですが…

来月は入ることができませんでした。

私は賞与対象者には該当しませんが、
賞与の人事考課もあり、自己評価や上司による個別ヒアリングもありました。

上司による私への評価は
福祉関係もまったく未経験の経歴からは順調に成長をしている
しかし、もっと自分たちに踏みこんで欲しい、というより
踏み込ませていない、距離を持たせている自分たちがもどかしいと
いう言い方をして下さいました。

私は本来はもっとたくさん言う方だけど、敢えて自分の思いが先行しすぎて
しまう傾向があるので、相手の言うことを聞いてみることにしていて
決して遠慮しているわけではないことを話しました。

普段、これでいいのだろうかと感じている言いにくいことも
言いました。


入居者さんとのコミュニケーションは、いろいろありますが
基本ここにやりがいを感じています。

業務は早番と遅番。業務自体は形としてはやっているというか
できていて順調なつもりでした。


20130303_172533.jpg


だけど、入浴介助のときにヒヤリハットを起こし、その時先輩に
実習生じゃないといわれ、かなり落ち込みました。

その後もその先輩と入浴介助を行ったときに
わからんことがあったら訊きなさい、どうして私がしていないことを
先輩がしている時に、見ているだけじゃなくて訊かないのか


また先輩が入社して3ヶ月は実習日誌にあたる業務日誌を書かされていた。
この仕事は家に帰ってからも終わりじゃない、毎日何かを学ぼうとまた
学び取ろうとしてるか?
もう3ヶ月やろ?夜勤に入る時期やってキツイ指摘を受けました。

この方はそれだけ見てくれてるし、入居者さんの安全を守る介護福祉士と
して、施設の職員としてきちんと言いにくいことをはっきりと
言ってくれます。

そしてまた隣接する施設との関わりを要する所用があったのですが
わからないことがあって、その施設の職員に安易に尋ねたのですが
思わぬ事態になり、先方の職員の手を止めたことの苦情が、別の先輩に届きました。

その日の帰りに私に対して感じたことを率直に述べてくださり
その言葉は入浴介助のときに指摘された内容と同じでした。

その時に私は同僚の先輩方が私に対して同じ意見や評価を抱き、
夜勤入りまで至らなかった評価と繋がっているのだと確信し、
さすがに落ちこみ、自分の体調や性格から、いつもの前向きな私なら
改善しようと学校時代に培った努力をするのですが


例の気分障害でしょうか、ストレスなのか、急に自分がうつ状態の
症状が現れかけていることを実感し始め、怖くなってきました。


でも・・・・


20130303_172446.jpg


専門学校のクラスメートにそんなことを打ち明けたら
彼女も何回も恥ずかしながら泣いた、でもひとりじゃないってわかった。
おかえりさん、一緒に耐えようね、前進していくしかないねって
彼女の学生時代を思い出すと、純粋で不器用ででも熱心に一生懸命がんばっていた姿から
今の彼女の様子が目に浮かぶ。

20代のクラスメートにも打ち明けてみたら、
彼女もやっぱり泣いている。
でも、仕事に対する現状や自分の気持ち、私へのアドバイス、年代はずっと年下だけど
すごくいいことばをくれる。

お世話になった先生は、今の実習生の巡回のついでに私の職場に立ち寄ってくれて
入浴介助中で会えなくて、電話したら元気をくれた。

そして本当に体当たりで教えてくれた先生とも久しぶりに
電話して、学生時代は厳しい先生だったけど
育てようとして待ちの姿勢で見る視点と、一緒に同僚として働く職員の視点は
違う。

3ヶ月かかっても半年かかっても、ゆっくりいきなさい。
あなたは一生懸命になりすぎると先細りして周りが見えなくなるからって。

判断は嫌でも下される時がくるから、そのとき考えたらいい。


20130301_105845.jpg


私、もっとバカになって先輩にどう思われようと、どんどん訊こう、
確認しよう。

私の今の仕事の仕方に悩んでいることを、同僚の方にもアドバイスもらいたくて
話してみました。

彼女なりのポイントを教えてくれました。

職場の人間関係も施設の仕事の観念も介護業界にありがちな
悪しき風潮はありません。
皆、クオリティの高い人たちで成り立っているチームです。


母も長い間、水商売で生計をたてて育ててくれましたが
お客さんにどうしてもっと気の利いた接待ができなかっただろうとか
たくさん悩んで落ちこんだこともあったそうです。


先生が慌てても、何年もやってきてる人たちとたった3ヶ月で
同じになろうなんて、無理。

慌てると損するって同級生から教えてもらった言葉もあります。


幸い連休で気持ちを持ち直せるか不安でいっぱいだったけど
怒られること恐れずに、とにかくどうしたらよくなるか
そっちに頭使おうってやっと思えるようになってきました。


全部完璧に一度にやろうったって無理。
ベテランの中で、長い目で見守ってくれている人、
早く次のステップに追いついて欲しいと思って苦言を言ってくれる人

どちらもありがたいこと。

理不尽な人間関係やケアや経営体制じゃない職場であるだけでも
ありがたいこと。


そんな感じで壁に順調に(笑)ぶつかりまして3ヶ月も終わり、
4ヶ月目に入ります。


ダメならそれは素直に向いてないと受け入れるしかありません。
それは精神がダウンした以前の職場で経験しました。

自己覚知、ここでこそ思い返す時かな。


20130303_172828.jpg


05 | 2013/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

おかえり

Author:おかえり
1972年生まれ
龍馬生誕の地高知在住
2000年生まれの息子と
じじばばの4人家族。
たくましいシンママではなく
いつまでも娘気分な
シンママです(^^;)

(だから息子に
いつもつっこまれてるし)

ポチっとお願いします
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ
にほんブログ村
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
QLOOK
QLOOKアクセス解析
◎ぐるぐるつなごうリンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
♪ ショッピング ♪
GUNZE online store Collaborn ファミマ.com ナチュラルなおしゃれと暮らしのセレクトショップ ナチュラン 白鳩/京都発インナーショップ ベルメゾンネット ファッション通販モバコレ トリンプ・オンラインショップ DHCロゴ
リンク